言語

言語Harmonista

医療 ― お役立ちリンク集
高次機能 ― 局所症状

言語

◆ 診察項目
構音障害、無言症などの言語以外の機能障害を鑑別します。
口頭言語:自発話、聴覚性理解、呼称、復唱
文字言語:読み、書き

◆ 口頭言語の障害
・自発話の印象により流暢性非流暢性に分けます。
構音に歪みがなく、発話の量が多くて長い文がなめらかに出てくる場合は流暢性失語です。
いっぽう、努力性発話で、音に歪みがあり、短い文や単語をぽつぽつ話す場合は非流暢性失語です。
・聴覚性理解は、口頭命令やはい・いいえで答えられる質問で確認します。
・呼称の誤りは、想起できないのか、別な単語に誤るのか(語性錯語:牛⇒馬)、音を置換した誤りか(音韻性錯誤:ウシ⇒ツシ)を記載するようにします。
また、カテゴリー(動物など)や語頭音を与えて、一分間に単語をいくつ想起できるかも喚語能力の良い目安になります。
・復唱は、一回の呈示で何音節まで繰り返せるかを記載します。健常人では、俳句程度の長さは復唱可能です。

◆ 文字言語の障害

◆ 動画リンク
失語症~Broca失語とWernicke失語~
失語症~さまざまな臨床像~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です