高次機能

高次機能Harmonista

医療 ― お役立ちリンク集 ― 高次機能

高次機能は、背景症状と局所症状に分けて考えると理解しやすい。
背景症状として、全般性注意障害、見当識障害、情動変化などを全体像として捉えて上で、
個々の局所症状に入る。

局所症状としては、言語、計算、行為など主に左半球が司っている機能と、
視空間機能、方向性注意など主に右半球が司っている機能について検討する。
記憶は両半球が関わるが、障害側や部位により質的特徴が異なる。

無題

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です