検査

検査Harmonista

医療 ― お役立ちリンク集 ― 認知症

スクリーニング

◆ 使用頻度の高い検査
改訂長谷川式簡易知能評価スケール(HDS-R)
Mini-Mental State Examination(MMSE)
N 式精神機能検査(N 式)
国立精研式認知症スクリーニングテスト(国立精研式)

検査の時に観察すべき点

◆改訂長谷川式簡易知能評価スケール (HDS-R)

1974年長谷川式簡易知能スケールが作成される
その後、質問項目 と採点基準等の見直しがなされ、
1991年改訂長谷川式簡易知能スケールへ。

◆9項目の設問で構成された簡易知能評価スケール。
◆30点満点中20点以下だと“認知症疑い”となり、21点以上を非認知症、20点以下を認知症とした場合の感受性は0.90、特異性は0.82(*1)。
◆MMSEとの並存的妥当性も高く、両者を同一症例に行った際の相関値は0.94(*1)。
(*1)加藤伸司ら:老年精神医学誌,2,1339-1347(1991)

t

HDS-Rを有効に活用するために

s

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です