自律神経

自律神経Harmonista

医療 ― お役立ちリンク集 ― 自律神経

そもそも神経とは、なんでしょう。

神経とは、体のあちこちに網の目のように張り巡らされ、無数の細胞や組織と連絡を取り合うネットワークのことです。

神経は、大きく中枢神経と末梢神経に分けられます。

中枢神経は、全身にある末梢神経から伝達された情報をまとめて判断し、指令を出す神経で、脳と脊髄が中枢神経に当たります。

末梢神経は、体の各部位に網の目のように張り巡らされた細かいネットワークで、中枢神経と体全体をつなぎ情報の伝達を行っています。
末梢神経は、さらに体性神経と自律神経に分けられます。
ちなみに、体性神経には運動神経と感覚神経があります。

自律神経とは、自らが意識しないでも自然に体の各機能を調整するように働いてくれる神経です。心臓は絶え間なく鼓動し、腸は食物が入れば消化吸収します。
逆に言えば、普通、私たちが意識してそれらをコントロールすることはできません。

自律神経には、交感神経と副交感神経があります。
活動的な交感神経と、休養するための副交感神経が相互にバランス良く働くことで、
動いたり休んだりをうまくコントロールしているのです。

交感神経の細胞体は、胸髄と腰髄の側角(そくかく)と呼ばれる場所にあります。
脊柱管を出ると脊髄神経と別れ、神経節を作ります。
神経節は、頸部3対、胸部10~12対、腰部4~5対、仙骨部4~5対にあります。
これらの神経節はつながり、脊椎の両側に交感神経幹を形成しています。

 

*** コラム ***
バイオフィードバック
深呼吸でリラックス
水泳の効能

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です