カテゴリー別アーカイブ: 未分類

脳の取扱説明書勉強会(1)

脳の取扱説明書勉強会の第一回目は、『部位と機能』についてです。

前半となる第1講は、脳の概略について。
脳を鍛えるときに重要な2つのポイントについて詳しく解説し、最低限知っておいてほしい脳の部位と機能について説明します。
これらを知ることで、自分の目標を達成するヒントになります。

後半となる第2講は、三層構造からみる脳の働きについて。
進化の過程から脳の機能をみていきます。
動物的な本能的行動のもとになっているところから、人間らしい働きをするところまで。
違う角度から脳を見ることで理解が深まります。
自分がどうしてこういう行動をとってしまうのかというヒントが得られるかもしれません。

掃除の効能

154

掃除をしてスッキリしたという体験は誰もが持っているものだと思います。
とはいえ、掃除が大切と思ってはいても、すみずみまできちんとすることは意外にめんどくさくハードルが高いものがあります。
そうはいっても、本当に大変なのは始める前までということもよくあることです。
最初からハードル上げずにとりかかるのもよいかもしれません。

日本そうじ協会理事長の今村暁さんによると、『掃除とは、場を整えて、良い場づくりをすること』だそうです。
そのための大切ポイントは4つ。
『整理』、『整頓』、『清掃』、『清潔』。

そして、掃除には5つの効能があるようです。

①精神的効果:気分がすっきりして前向きになる
②肉体的効果:「物が落下する」などの身の回りの物理的危険が軽減する
③経済的効果:自分の持っているものを把握することで、無駄遣いが減る
④時間的効果:物を探している時間が減る
⑤対人的効果:積極的に来客を受け入れることが可能になる

おもしろいことに、掃除をする癖のある人のほうが出世しやすいという報告もあるそうです。
2013年にエレクトロラックス・ジャパン株式会社が20~40代の男女600人に行った「掃除に関する意識・実態調査」です。

ほこりに気づいた時にさっと掃除をする『ちょい掃除』。
この『ちょい掃除』をする人の13人に1人が役員クラス。
これが『ちょい掃除』をしない人になると役員クラスは41人に1人。
その差は、約3.2倍にもなります。

そして、『ちょい掃除』をする人は、仕事だけでなくプライベートでも着信やメールのレスポンスが早いのだそうです。
ちなみに、プライベートでの着信やメールのレスポンスの早さは、出世と関係していると言われています。それだけ他人に対する配慮も行き届いているからかもしれません。

さらには、掃除と幸福度にも関係があるともいわれています。
掃除癖のある人の幸福度が71.2%なのに対し、掃除をあまりしない人の幸福度は61.6%、掃除を全くしない人の幸福度は51.0%だそうです。

ダイエットの成功率も掃除をしない人が44.9%であるのに対し、掃除をする人は74.1%なのだとか…。

http://media.lifenet-seimei.co.jp/2015/06/23/3852/
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000009465.html

脳とこころの豆知識 ― その他

私たちは選んだ世界を生きている

自分が見ている世界、住んでいる世界、人間関係を作っているのは、
自分自身の「脳」だとしたら、どう思いますか?
「頭で考えることが実現するとは聞くけれど、それはほんの一部」と思いますか?
実は、私たちが想像しているよりも遥かに多くのことを私たちの「脳が創造している」ようなのです。
実際それは本当のことなのか? どうしてそういうことが起きるのか?
気にはなりませんか?
この冊子を通して、あなたがより自分らしく幸せに生きられることを願っております。

ご購入はこちらから
 https://easypay.jp/64AB

料金:500円
paypalでのお支払いとなります。

子育て中のお父さんとお母さんへお伝えしたい6つのこと

子育てをしていて不安なことはないですか?
本当は子供に対してこうありたいと思う『理想の母親像』と実際の自分のギャップに悩んで自分を責めてはいませんか?
最近は、ちまたにいろんな子育て法があふれています。
『子供に幸せになってほしい』『立派に育ってほしい』と願うあまり情報にふりまわされてはいませんか?
本当に子供に必要なことってなんなのでしょう。
子供の心理や脳の発達の観点から考えるとその答えは意外とsimpleなものです。
この冊子を通して、頑張っているお母さんたちが少しでも楽になれることを願っております。

ご購入はこちらから
 https://easypay.jp/74AA

料金 500円(paypalでのお支払いとなります)

音楽には人を癒す効果がある

161

音楽は私たちの感情に影響を与えます。
誰にでも音楽を聴いて感動した経験があると思います。

これは、音の処理を行う脳の部位である聴覚野が、感情に関連する扁桃体にも情報を伝えるために起こってきます。

おもしろいことにどういう感情に影響を与える音楽を聴くかによって、心拍数・呼吸数などの生体反応に与える影響も変わってくるという報告があります。

悲しい曲は、心拍数、血圧、皮膚伝導に大きな変化を引き起こします。
ちなみに、選ばれた曲はバーバーの『弦楽のためのアダージョ』。
http://www.youtube.com/watch?v=KylMqxLzNGo

楽しい曲は、呼吸数に最大の変化を引き起こします。
こちらに選ばれた曲はビバルディの『四季』春。
http://www.youtube.com/watch?v=aFHPRi0ZeXE

恐ろしい曲は、一番目立って血流速度の変化を引き起こします。
ちらに選ばれた曲はムソルグスキーの『禿げ山の一夜』。
http://www.youtube.com/watch?v=v_Oa3f-WFps

これは、いろいろな経験を重ねた大人だけではなく、生後4か月の赤ちゃんでもすでに音楽が心拍数や呼吸など身体に影響を与えるということがわかっています。

ただ、音楽の効能はこれだけではないようです。
新生児集中治療室(NICU)の未熟児に対しても効果があったことが報告されています。

ニューヨークで行われた実験です。11施設のNICUにいる32週以上の未熟児272名に対して行っています。
音楽によって、心臓や呼吸の機能に影響を与え、授乳行動が改善し、覚醒している時間が伸びたというのです。

もちろん、熟達した音楽療法家によって適正な音楽を選ぶ必要はあります。

未熟児への音楽療法(論文のabstract)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23589814

脳とこころの豆知識 ― その他 - 音の持つ力

思考に影響を与えるもの~プライミング効果~

65

私たちは、自分で決めていると思っていることも、実は、いろいろな物の影響を受けています。
ちょっと次の問題をやってみてください。

1と2を声に出して答え、続いて、3の解答として頭に浮かんだ最初の言葉を、さっと口にしてみてください。
1. ケニアは何大陸にありますか?
2. チェスで使われる正反対の色は、何と何?
3. 何でもいいですから、動物の名前を一つ挙げてください

3を何と答えましたか?

ほぼ2割の人が3にシマウマと答え、約半数の人がアフリカの動物を挙げるそうです。
ところが、1と2の質問がなく、3の質問だけした場合には、「シマウマ」と答える人は1パーセントもいないそうです。

つまり、1と2の質問で「アフリカ」と「白と黒」に注意を向けてもらったことで、3の質問に答えるときにそれらに関連するものに意識が向きやすくなってしまったということです。
最初の2つの質問によって3の答えに影響を与えてしまったのです。

これは、知識はお互いに結びついた形で貯蔵されていることで起こってくるとされています。
ある概念、例えば「アフリカ」について考えたとき、思考が「アフリカ」に関連したほかの概念にも広がります。
その結果、「シマウマ」や「ライオン」などといった「アフリカ」に関連した概念が思い出しやすくなるのです。

この無意識で自動的な現象は、「プライミング」として知られています。
プライミング効果とは、先行する刺激(プライマー)の処理が後の刺激(ターゲット)の処理を促進または抑制する効果のことを指します。

この場合で言うと、最初2つの質問がプライマーです。
この2つの処理を行ったことが、後の刺激である3の質問の答えに影響を与えたということです。

脳とこころの豆知識 ― 不合理な行動