マガーク効果~共感覚が存在する証拠?~

マガーク効果~共感覚が存在する証拠?~Harmonista31共感覚…って聞いたことがありますか?

以前にも触れましたが、数字が色に見えたり、単語に味を感じたり、味が見えたり、音楽に色が見えたり...と音、視覚、触覚、味覚、嗅覚といった感覚が混ざり合ってしまう状態を言います(詳細は下記参照)。

共感覚がない私には頭では理解できない世界ですが、記憶には残っていなくても子供の時にはみんな共感覚を持っていると言われています。もちろん、おとなになってからも持っていらっしゃる方もいます。

では、共感覚がないとは言っても、五感と言われる感覚が独立して存在しているのか…というと決してそうではありません。皆さんもきれいに盛り付けられた食事だと更においしく感じるという経験はあると思います。

共感覚がない人にも、視覚情報が聴覚情報に影響を与えているという事を示すものに『マガーク効果』と呼ばれるものがあります(体感したい人は下記リンク参照)。

「ダ、ダ、ダ」と発声している(ように聞こえる)男性の映像があります。
ところが、目を閉じて音声だけ聞くと「バ、バ、バ」と言っているのがわかります。
さらに、音声を消して口の動きを見てみると「ガ、ガ、ガ」と言っていると感じます。
音声情報が「バ」、視覚情報が「ガ」と情報が一致していないため、脳がつじつまを合わせようとして「ダ」と聞こえるようになるのではないかと考えられています。

もちろん、逆のパターンも知られています。複数の「ビー」という音を聞きながら一回の閃光をみると、光を何回も見たと感じることがあるそうです。

そして、それぞれの感覚が情動と関連する扁桃体に影響を与え、記憶として蓄えられ、次に似たような感覚に触れた時に私たちに様々な感情をもたらします。
私たちが身体を通して経験したこと…見たり、聞いたり、触れたり、味わったり、匂ったり…で、人それぞれ出てくる感情が違ってきているのでしょう。

自分の感覚に意識を向けてみませんか? 不思議な感情に気づくかもしれませんよ。

マガーク効果 – YouTube

脳とこころの豆知識 - 私たちが見ている世界はみんな同じなのか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です