不思議な感覚~共感覚という世界~

不思議な感覚~共感覚という世界~Harmonista1463160_542648335819871_1689855812_n
私たちは同じものを見て、同じ音を聞いたときに、本当にみんな同じように見えたり聞こえたりしているのでしょうか?

もしかすると実際に見えている世界や聞こえている音さえも、人によって微妙に違うのかもしれません。

多くの人では、大人になるにつれ五感も専門性が決まり、1つの感覚受容期が1つの感覚を担当しています。
ところが、中には完全には担当が分かれていない人たちもいます。それが共感覚と呼ばれるものです。
これは、持っていない人からすると、とても不思議な感覚です。

私がその存在を初めて知ったのは、11年ほど前です。共感覚を持つ数学者ダニエル・タメットが書いた「ぼくには数字が風景に見える」というタイトルの本を本屋で見かけたのです。共感覚を持ち合わせていない私にとっては、このタイトルからしてまったく意味不明でした。

共感覚というのは、この本の題名にもあるように数字が色に見えたり、単語に味を感じたり、味が見えたり、音楽に色が見えたりと視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚といった感覚が混ざり合ってしまう状態をいいます。
といっても、共感覚のない人にはピンと来ないですよね。

でも、持っていない人からすると不思議な共感覚、実は赤ちゃんのときにはみんな持っていたのではないかともいわれています。
というのも、最近の研究の結果から光や分子、音波などあらゆる刺激はもともと2つ以上の感覚で認知される可能性があるらしいのです。つまり、目から入ってきた光の刺激から映像を見るだけでなく、音を聞いたり、肌で感じたりすることができていた可能性あるということです。

ただ、脳の成長に伴って、よく使う経路は発達し、使わない経路は廃れていきます。その結果として、視覚刺激に反応するよう領域は音によって反応することは少なくなり、ますます視覚情報のみが届くようになるというわけです。

これは、外から入ってくる刺激をすばやく識別し、攻撃から身を守る手段として発達するのではないかと考えられています。いちいち見ているものに音や香りを感じていたら、情報が多すぎて、判断する時に混乱して、とっさの行動しにくくなってしまいます。

そして、実は、この共感覚、芸術家では持っている人が多いとされています。ただ、その話をしても変な人と思われるとか周りに理解されないといった理由で、わざわざ他人にその話をしていないだけなのです。
私の周りにも共感覚を持っているけど誰にもいわなかったという人が何人もいます。

特に芸術家では、この共感覚を持っている人が多いそうです。
作家ウラジミール・ナボコフもアルファベットの文字の音に異なる色や質感を感じていたといわれています。独特の豊かで個性的な感性が情感豊かな表現を生み出すのかもしれません。

持っていない身からするとちょっと味わってみたい気もしますが、そのいっぽうで、場合によってはこの共感覚は、生活を難しくする場合もあるようです。数字が色に見える人の場合、違う色で数字が書かれていたりすると何とも不快な感じがするそうです。生活の中に数字は溢れています。しかもいろんな色がついて。いちいち不快に感じていたら大変ですよね。

脳の取扱説明書 p158

脳とこころの豆知識 - 私たちが見ている世界はみんな同じなのか

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です