褒めるのが苦手な原因とその対策

褒めるのが苦手な原因とその対策Harmonista

40

昨日の帰りに英会話に行ってきました。先生を見ていて思うのですが、上手く持ち上げてやる気にさせてくれるのが上手ですよね。おかげで挫折せずにすんでいます。

人との関係をよくしたり、人を育てるためには、褒めることが大切だとされています。
実は、私たちの脳は褒められると喜びを感じます。そのせいかもしれませんが、褒められることで技術の獲得も進むということもわかっています。

褒めることが大切だとわかっていても、人を褒めるのは苦手という人もいますよね。
私も最近は少しましにはなりましたが、実は、褒めるのも褒められるのもあまり得意じゃないです。

では、なかなか人を褒めることができないのはどうしてなのでしょうか?
以下の3つが原因として考えられています。

1) 褒めるポイントを見つけられない
2) 褒めることに照れや抵抗がある
3) 褒め方がわからない

なにか思い当たるものはあったでしょうか?
私の場合は、主に2)が原因です。

そして、原因別の対策が以下の通りです。
褒めるポイントを見つけられない人は、1日1度人の良いところを探す時間を設けましょう。
褒めることに照れや抵抗がある人は、承認されることのメリットとデメリットをリスト化してみましょう。

褒め方がわからない人は、まずは見たままを口にしてみてください。
それに対して相手がコメントを返して来たら、それを使ってさりげなく褒めてみましょう。
その後、質問をすることでさらに会話を進めてみましょう。

例えば、「髪型変えたんですね」と見たままを口にします。相手が「ちょっと気分転換しようと思って」とコメントを返して来たら、「良く似合ってステキです」と褒めます。
さらに「いつもどこで髪を切っているんですか?」と質問し、会話を進めます。

私の場合、特に家族だと今更って感じで、照れくさくってなかなか褒めたりできないんですよね。
まぁ、口に出して言わないと伝わらない事もありますから、トライしてみたいと思います。
まずはメリットデメリットからでしょうか…。なんだかハードル高いな。

脳とこころの豆知識 - 人間関係をよくするには

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です