障害があるほど好きになる~ロミオとジュリエット効果~

障害があるほど好きになる~ロミオとジュリエット効果~Harmonista

144

昨年末にFBで見かけたこたつ関連グッズ、別名『ダメ人間ホイホイ』が気になる今日この頃(http://matome.naver.jp/…/21415525669202…/2141565173836476803)。あぁ、でも買ったら最後、冬眠に入って出られなくなる気がします。
先日、バイト先で事務員さんにも「買っちゃだめですよ」と諭されました。

ダメだと言われるとよけい気になるのが人間の心理。
なぜか「してはいけない」と言われるとやってみたくなったり、限定品やレアものほど欲しくなったりします。

これは、恋愛でも同じです。
、「恋人同士の間には何かしら障害がある方が、より恋愛感情が高まる」と言われています。
その名も「ロミオとジュリエット効果」。そのまんまですね。

1972年に心理学者Richard Driscollが提唱した理論です。
140組のカップルを対象にアンケート調査を行いました。に恋愛の満足度に関するアンケート調査を実施したのですが、双方の親が2人の関係を反対していると感じているカップルほど、お互いの恋愛の満足度が高かったという結果を報告しています。

何かを禁止されたり、手に入らないものほどおもしろく魅力的に感じてしまうんですね。
ダメと言われるとしたくなる。ないと言われるとほしくなる。

残念ながらその効果は、手に入れた後長くは続かないようですが…。
一節には、数週間~数カ月だとか。

元ネタはこちら
http://psycnet.apa.org/psycinfo/1973-04399-001

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です