悪夢

悪夢Harmonista154

悪夢は大人よりも子供の方がみるといわれています。
悪夢を見るピークは6~10歳。年を重ねるごとに悪夢をみなくなるようですが、人によっては生涯にわたって悪夢が続くこともあります。
親を悩ますほどの悪夢は、3~5歳児の10~50%にものぼるそうです。

成人でも、時々悪夢を見る人が5~8割もいて、一般人口の2~8%が悪夢による問題を抱えているともいわれています。
子供の時は、男女とも悪夢を見る頻度は変わらないようですが、成人になると女性の方が悪夢を訴えることが多いそうです。

ちなみに、悪夢の原因は、性格、心の傷、精神疾患、薬、お酒などです。
敏感な人や寛大な人、芸術的あるいは創造的な人が見やすいそうです。
悪夢をきたす薬としては、βブロッカー、抗パーキンソン病薬(シンメトレル、ドミン、ドプス)、抗アレルギー薬(アレジオン、トリルダン)、抗うつ薬(アナフラニール、ルジオミール、セディール)、その他(ドルミカム、レペタン)などがあります。

脳とこころの豆知識 - 睡眠

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です