睡眠とセロトニン

睡眠とセロトニンHarmonista16

心を癒すのに関係する物質に「セロトニン」というものがあります。
セロトニンは、脳の神経細胞どうしの連絡に働く重要な神経伝達物質の1つです。

このセロトニンですが、睡眠にも関わっています。
というのも、セロトニンは、睡眠に適した体の状態にしてくれるメラトニンの材料なのです。
つまり、夜にぐっすりとよく眠るためには、セロトニンが必要ということになってきます。

それ以外にも、セロトニンには、意識をはっきりさせる働きがあります。
たとえば、大脳皮質を目覚めさせたり、自律神経をコントロールしたするのです。
また、筋肉にも作用して、良い姿勢を保ったり、痛みを軽くするのに効果があるそうです。

ネットで「セロトニン活性度チェックリスト」というものが載っていました。
セロトニン研究の第一人者である東邦大学名誉教授の有田秀穂先生が書かれた「『脳ストレス』に強くなる! セロトニン睡眠法」に書かれたものです。

1.1日20~30分以下しか、歩いたり運動していない
2.ストレスを感じることが多い
3.一人暮らしで、人と接触する機会が少ない
4.深夜2時~6時に起床することが多い
5.30分以上の昼寝をすることが多い
6.眠るときは携帯電話を枕元に置いている
7.眠る前にパソコンを使ったり、テレビを見る
8.眠る前にコーヒーや紅茶など、カフェインの多いものをとる
9.昼夜逆転の生活を送っている
10.朝、太陽の光を浴びることがない

1~3と10に当てはまる人は「セロトニン不足タイプ」
4~8に当てはまる人は「メラトニン不足タイプ」
9・10に当てはまる人は「お日さま不足タイプ」
だそうです。
そして、一番あてはまる項目が多かったものが、あなたの睡眠タイプということになります。

そして、そこで推奨していた1日の過ごし方というのが、こちら。
・朝起きたらすぐに20~30分、太陽の光を浴びる
・朝に5~20分ほど歩く
・豆や豆製品、牛乳や乳製品、マグロの赤身、レバー、バナナなどを食べる
・朝の通勤電車では居眠りしない
・昼寝をするなら30分以内
・5~20分、ガムをかんだり階段を上り下りする
・家族や親しい友人と話したり食事したりする
・夕方以降にリズム運動をする
・ペットをなでる
・昔ながらの銭湯やスーパー銭湯に入る
・眠る前に37~40℃のお風呂に入る
・朝はローズマリーやレモン、夜はラベンダーやスイートオレンジのアロマをかぐ
・夜にはノンカフェイン飲料をとる
・眠るときには電気製品の電源を切る

脳とこころの豆知識 - 睡眠

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です