信頼するということ

信頼するということHarmonista4

「囚人のジレンマ」という言葉を聞いたことがありますか
ゲーム理論や経済学での重要な概念の1つとも言われています。

実際にどういうものかというと…
いっしょに犯罪を犯したと思われる囚人A, Bを自白させるため、警官は囚人2人に以下の条件を伝えます
当然、2人は別の個室に入れられていて、お互いに連絡を取ることはできません。
・2人とも黙秘した場合…2人とも懲役2年
・2人のうち1人だけが自白した場合…自白した人はその場で釈放、自白しなかった方が懲役10年
・2人とも自白した場合・・・2人とも懲役5年

相手の事をも思いやるのであれば、相手を信頼し、黙秘して2年の刑を受ける方が得です。
しかし、孤立して相手がどういう行動をとるか分からない状況で自分の利益だけを追求したらどうでしょう?
相手が黙秘したとして、自分が自白すれば釈放です。(黙秘した場合は懲役2年)
相手が自白したとして、自分も自白すれば懲役5年ですが、黙秘すれば懲役10年です。

つまり、自分の利益だけを追求した場合においては、自白したほうが得になる…ということです。
このゲームは1回だけではなく、同じ相手と何回も行います。
その場合に、もっとも得をする戦略というのがあります。
その名も「しっぺ返し戦略」...そのままのネーミングですね。

それで、具体的にどうするかというと…
まずは、相手を信頼して、協同する行動をとる。相手が協同する限りはこちらもその行動をとる。
相手が裏切った場合、こちらも即座に協同をやめる。
相手が協同に戻った場合、こちらもすぐに協同に戻す。

これは、おそらくこのゲームだけの問題ではないでしょう。
実際の人との付き合いの中でもこういうことはいろいろあります。
自分の利益だけを追求するのではなく、相手を信頼し、お互いにとっての利益になるような行動をするということが、長い目で見ると最もメリットが大きいということです。

このゲームのように相手が自分の利益だけしか考えず、裏切るような行動をとった場合にまで相手の利益を優先させるというのは考え物です。
これは、自分を犠牲にすることでもあり、自分を大切に扱っていないことになります。

しかし、相手が心を入れ替えた場合には、いつまでも意地を張って相手を許さず反発するような行動をとるよりは、寛大になって協同していく方が自分にとってもメリットは大きいということでしょう。

脳とこころの豆知識 - 人間関係をよくするには

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です