自分に正直に生きる~嘘をつくのは大仕事~

自分に正直に生きる~嘘をつくのは大仕事~Harmonista

91

私たちは、意外と自分が本当に欲していることが分からないものです。
特に日本人は、小さいときから規則を守り、周りの人たちに合わせるように育てられてきました。
そのため、他人の声を聞くのに必死になって、自分の心の声を聞くことを忘れがちです。

他人の気持ちに配慮しないでいいといっているわけではありません。
他人の気持ちに配慮するのと同じくらい、自分の気持ちにも気を配り、自分の気持ちに正直になってもいいかなと思うのです。

というのも、嘘をつくという事は脳にとっても身体にとってもかなりの負担になるからです。

アメリカのテンプル大学脳画像センターのScott Faro博士が行った実験です。
6人の被験者たちに模造銃を撃ってもらいます。
その後で「銃を撃たなかった」と嘘をついてもらいました。
さらに、別の5人の被験者たちには、銃を撃たずに「銃を撃たなかった」と真実を語ってもらいました。
そして、嘘をついた人と真実を語った人の脳の状態をfMRIを使って比べました。

すると、嘘をついている人たちは、真実を話した人に比べてより多くの部分の脳が活動していたそうです。
嘘をつくということはそれだけ脳にとって大変な作業のようです。

この実験ではポリグラフも使っているのですが、ポリグラフでも嘘をついた人と真実を語った人では明らかに違いがあったそうです。

ちなみに、ポリグラフは、心拍数や血圧、呼吸数をモニターするもので、嘘発見器としても使われたことがあります。要するに嘘をつくと身体が緊張状態になります。
その見た目には分からないわずかな変化を機械でとらえるわけです。

実験で頼まれてついた嘘でさえ、脳や身体に負担がかかっているわけです。
なので、それが自らついた嘘であればさらなるストレスがかかることでしょう。

同じような言葉を発し、行動をしたとしてもその人が本当の自分の気持ちに添って行動しているのか、自分を抑えつけた結果そうしているのかでは大違いです。
意外と他人の目から見た方が分かることもあります。

自分に正直に生きている人が魅力的に見えるのは、その瞬間をリラックスして楽しんでいるからなのかもしれません。

脳の取扱説明書 p239

http://slashdot.jp/story/04/11/30/102259/嘘をつくのは大仕事だ、と脳は語る

脳とこころの豆知識 ― 幸せになるために

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です